【Excel 関数の基本】半角全角/全角半角の変換ができる関数 (JIS、ASC) の使い方は?

Excel 関数

Excel では、いろいろな関数や計算式を使うことができるが、その中で重宝するのがJIS関数ASC関数ではないだろうか。それぞれ半角から全角、全角から半角へ変換することができる。

今回は、JIS関数ASC関数の形式とその使い方を紹介したい。

スポンサーリンク

JIS関数とASC関数の形式

JIS関数ASC関数の形式は、以下のとおり。

=」のあとに、大文字 (または小文字でも OK) の「JIS」(半角➝全角) または「ASC」(全角➝半角) と入力し、丸括弧内には、他のセルの文字列を参照したい場合は、その参照セルを入力するか、文字列の場合は、”” で括る

 

半角➝全角=JIS(参照セル)  または =JIS(“文字列”) 
全角➝半角
=ASC(参照セル) または =ASC(“文字列”)  

 

スポンサーリンク

JIS関数とASC関数の使い方

以下の Excel ファイルのセルC2とセルC3において、それぞれ、B列にある半角文字の「excel」(セルB2) を参照して全角文字に変換し、全角文字の「excel」(セルB3) を参照して半角文字に変換したい。

 

JIS関数

最初に、セルC2に、「=jis(」と入力する。

 

次に、セルB2を選択すると、「=jis(」のあと、自動で「B2」が挿入された。

 

 

続けて、閉じ括弧「)」を入力して、「Enter」を押す。

 

 

半角文字の「excel」が全角文字「excel」に変換された。

 

ASC関数

上記の JIS関数と同様の方法で、C3セルに「=asc(B3)」を入力してから、「Ener」を押す。

 

全角文字の「excel」が半角文字「excel」に変換された。

 

※ASC関数の場合、全角の英数字、カタカナは半角に変換されるが、漢字、ひらかなは半角に変換されないことに注意。

 

 

 

コメント

error: