【Google chrome 拡張機能】検索置換ツールの 「Find & Replace for Text Editing」のインストール方法と基本的な使い方を紹介

Google Chrome

WordPress で記事を書いていて、テキストのソースコードから、置換検索をしたいと思うことはないだろうか。

手頃なツールがないと、一回一回手打ちで修正するのは面倒だし、ミスも起こりやすい。

今回は、Google Chrome の拡張機能で便利な検索置換ツール「Find & Replace for Text Editing」が見つかったので、紹介したい。

スポンサーリンク

「Find & Replace for Text Editing」のインストール方法

Google Chromeブラウザから、以下の chrome ウェブストアにアクセスして、「Chrome に追加」ボタンを押す。

Find & Replace for Text Editing
Adds search & replace tool for input fields and editable text content.

ポップアップで、「Find & Replace for Text Editing」を追加する確認メッセージが出るので、「拡張機能を追加」をクリックする。

拡張機能が Chrome に追加された。

Chrome の右上の「拡張機能」アイコンをクリックして、以下のように、「Find & Replace for Text Editing」の横のピン留めの固定アイコンをクリックする。

ピン留めの固定アイコンが青色に変わり、右上のバーに、虫眼鏡アイコンが追加された。

 

 

スポンサーリンク

「Find & Replace for Text Editing」の基本的な使い方

検索置換したい画面、たとえば、WordPress の編集画面を開いて、右上の虫眼鏡アイコンをクリックするか、ショートカットの Ctrl+Shift+F を押す。

 

ポップアップで、右上に検索置換画面が表示されるので、置換対象用語を入力する。ここでは、「h2」を「h3」に変更するため、上の枠に「h2」、下の枠に「h3」を入力すると、WordPress の編集画面には、赤枠の該当文字がハイライトされる。

上記青枠の用語の意味は、以下のとおり。「Match Case」(大文字小文字を区別する)、「Whole Words」(完全一致) などは、必要に応じて、チェックマークを入れる。

1 of 4」:該当件数 (ここでは4件ヒット)
Replace」:置換 (置換対象が選択された状態で置換する)
Replace all」:すべて置換 (置換対象を一括置換する)
Match Case」:大文字小文字の区別
Whole Words」:完全一致
Advanced Options」:詳細オプション
Saved to Favorites」:お気に入りに保存

ここでは、一つ一つ確認したいので、「Replace」をクリックすると、該当する箇所が「h2」から「h3」に変わった。さらに、「Replace」を押すと、右側の「h2」が「h3」に変更される。

一括置換したい場合は、「Replace all」をクリックすると、一回ですべて置換される。

 

コメント

error: 右クリックはできません。