【Microsoft Teams の基本】Teams にタスク管理ツール「Planner」を追加し、タスクを作成するには?「Planner」の基本的な使い方を紹介!

ツール

Office365 では、Teams と連携できるアプリには、いろいろあるが、その中でも使い勝手がいいのがタスク管理アプリの「Planner」。

この記事では、Teams に「Planner」の追加方法と基本的な使い方を紹介したい。

スポンサーリンク

Teams から「Planner」を追加し、タスクを作成する方法

Teams の任意チャネルから、タブの右端にある「+」をクリックする。

アプリ一覧が表示されるので、「検索」に「planner」という文字を入力する。

Planner および To Do による Tasks」アイコンが表示されるので、クリックする。

新しいプランを作成する」の下の「タブ名」に任意の名前 (ここでは、「ABC計画」) を入力し、「保存」ボタンを押す。

上部タブに「ABC計画」というプランが追加され、パケット「To Do」の下に表示される項目に、任意のタスク名 (ここでは「A計画」) を入力し、「タスクを追加」をクリックする。

 

タスクを追加」の下にタスク (ここでは、「A計画」)が追加されたので、右横の任意のワークスペースをクリックする。

以下のようにタスクのカードが表示されるので、クリックする。

詳細設定画面が表示されるので、適宜入力する。

 

進行状況と優先度は、ドロップダウンで以下のいずれかを選択することができる。

割り当てる:ユーザーを選択する。
ラベルを追加:「ピンク」、「」、「」、「」、「」、「」から選択可能。
パケット:「To Do」 
進行状況:「開始前」、「処理中」、「完了済み
優先度:「緊急」、「重要」、「」、「
開始日:カレンダーで日付を選択する。
期限:カレンダーで日付を選択する。

スクロールバーを下に動かすと、以下が表示される。

メモ:説明を入力する。
チェックリスト:チェックリストとして箇条書きの項目を入力し、チェックマークを付けることができる。
添付ファイル:ファイルを添付することができる。
コメント:メッセージを入力して、「送信」ボタンを押すと、その下に、履歴メッセージが表示され、Outlook にもメッセージが送信される。

メモに入力を行うと、「カードに表示する」が表示されるので、そこにチェックマークを入れる。

以下のように、タスクのカードにメモが表示される。

スポンサーリンク

Planner で新規パケットの追加方法

今回の例では、パケット名は「To Do」のみだが、新しいパケットを追加することができる。

以下のように、「新しいパケットの追加」をクリックする。

表示が「パケット名」に変わるので、たとえば、「資料作成」といいうパケット名を入力する。

資料作成」というパケットが作成された。

この画面では、「To Do」と「資料作成」のパケットが並んでいるが、パケット名を変えたいときは、パケット名をクリックして変更することができる。

コメント

error: 右クリックはできません。