【2020年版】Web会議ツールの人気ランキング

ツール
16061941/Pixabay

オンライン会議もかなり慣れてきて、いろいろな Web会議ツールが使えるようになり、どれが使い勝手がいいのか、見えてきたのではないか。 2020年に全国3000人を対象として実施したオリコン顧客満足度(R)調査によると、ランキングは以下のとおり。  

順位 Web会議ツール 点数
1位 Zoom Meetings 68.34
2位 Google Meet 68.18
3位 Microsoft Teams 66.70
4位 Cisco Webex Meetings 66.65
5位 Skype 64.62

一位は、「Zoom Meetings」、二位が 「Google Meet」、三位が「Microsoft Teams」。やはり、この3つは使い勝手がいいという印象があるので、順当であろう。 評価項目は、「ツールの使いやすさ」、「音声・ビデオ機能の充実さ」「会議への参加、招待のしやすさ」、「管理機能の充実さ」、「カスタマイズ設定のわかりやすさ」となっている。

次に、これらの Web会議ツールのポイントを紹介しよう。

 

スポンサーリンク

Zoom Meetings

あらゆるデバイスからの対面ミーティング | Zoom
ライブ メッセージやコンテンツ共有の機能をデスクトップとモバイルから利用できる、最新のビデオ通話です。 ミーティングのレコーディング、注釈、出席者による投票参加などの機能をご利用いただけます。

ビジネスでビデオ会議と言えば、「Zoom」でやるのが一般的になっている。やはり、使いやすいという点が1位になった要因だ。

一時セキュリティで問題になったことがあるが、以下の記事を見ると、セキュリティ対策は強化しているようだ。

Zoom、侵入者対策の2つの新セキュリティ機能
Web会議サービス「Zoom」にいわゆるZoombombなどを防ぐための2つのセキュリティ機能が追加された。バージョン5.4.3に更新すると利用可能になる。

無料版だと、アプリのインストールが必要で、最大接続人数は100人、もちろん、チャット、画面共有、録音録画もできるし、バーチャル背景も使用可能。連続利用可能時間は40分。

 

スポンサーリンク

Google Meet

Google Meet: オンラインのビデオ会議とビデオ通話 | Google Workspace
Google Workspace に含まれている Google Meet を利用し、ビデオ会議とビデオ通話(Google Duo の機能)でいつでもコミュニケーションが図れます。

Google Meet」 の特徴は、やはりブラウザ上ですべての機能が使えることだろう。これまでできなかったバーチャル背景も使えるようになったので、使い勝手もグンとアップ。

Engadget | Technology News & Reviews
Find the latest technology news and expert tech product reviews. Learn about the latest gadgets and consumer tech products for entertainment, gaming, lifestyle ...

Web会議をやっていると、このバーチャル背景って必須なんですよね。テレワークで自宅の部屋を見せるのはやはり躊躇してしまうし、落ち着かない。

Google Meet は、無料版では、連続利用可能時間は60分で最大接続人数は100人。画面共有機能はあるが、会議録画機能は使えない。リアルタイム字幕機能は、英語のみで可能。

スポンサーリンク

Microsoft Teams

小規模ビジネス向けの Teams を無料で
チャット、コラボレーション、会議をどこからでも、Microsoft Teams なら 1 つの場所で行うことができます。しかもすべて無料です。

Teams の良さは、何といってもOffice 365」の複数あるツールの1つなので、他のツールとの連携ができる点であろう。Planner」 を使えば、タスクの進捗管理もできる。Web会議で録画した動画は、「Stream」で視聴できる。また、「SharePoint Online」とも連携可能。

アプリをイストールしてもいいし、Web上でもアクセスできる。背景は、ぼかしが可能で、Microsoft 提供のバーチャル背景の他に、自分の好きな背景も追加できる。最大接続人数は300名で、画面共有、録音録画機能もOK。

 

スポンサーリンク

Cisco Webex Meetings

ビデオ会議、クラウド電話、画面共有 | Webex by Cisco
Webex by Cisco は、ビデオ会議、オンライン ミーティング、画面共有、ウェビナに最適な、業界シェアトップのエンタープライズ向けソリューションです。 Web 会議、クラウド通話、機器。

Webex」 も Zoom と機能は変わりないという印象だが、デバイス間におけるデータの暗号化など、かなりセキュリティ面を重視しているので、安心感がある。無料版であれば、同時接続は100人、1回の会議は50分までで、画面共有、ホワイトボード機能、録音録画機能もある。

スポンサーリンク

Skype

Skype | 全世界無料のビデオ通話でつながりを保つ
Skype でウクライナに電話をかけるのは無料ですか? はい。Skype を通してウクライナに電話をかけることが無料でできるようになりました。 無料のビデオ チャット、メッセージング、手頃な料金の国際電話で連絡を取り合いましょう。 オンライン ビデオ通話をいつでも 1 クリックで作成できます。ダウンロードは不要です...

Skype」 は Microsoft のお馴染みのツールで、ビデオ通話に加えて、 動画やファイルの 共有もできるし、チャットも可能。最大接続人数は50名。通信も比較的安定しているので、今でも Web 会議で十分使える。

Skype for Business Online」 は、Office 365のサービスの一部なので、Teams を使う前は、これを使っていた方も多いかとは思うが、機能は、Teams に移行しているので、このサービスの提供は2021年7月31日までとなっている。なお、サーバー製品の「Skype for Business Server」には影響はないとのこと。

“Skype for Business Online”の提供は2021年7月31日まで ~Microsoftが発表/一般向けの「Skype」やサーバー製品の「Skype for Business Server」には影響なし
 米Microsoftは7月31日(現地時間)、“Skype for Business Online”の提供を2021年に終了すると発表した。ユーザーは“Microsoft Teams”へ移行する必要がある。

 

 

 

コメント

error: