【テレワークの運動不足対策】卓上スマホスタンドで室内ウォーキングができる!

健康

テレワークが続くと、やはりどうしても運動不足になりがちだ。お昼休みや休憩時間に5分でもサクッとウォーキングするだけで、1000歩近く歩いたことと同じになり、だいぶ違うのではないだろうか。

室内でウォーキングと言えば、ルームランナーを買うことを考えてしまうが、やはり、そこそこ、3万円~5万円以上のお金がかかるのと、集合住宅の場合、騒音も気になる。

そこで、今回は、お金をかけずに、スマホスタンドで、ウォーキングの動画を映し出して、室内ウォーキングを行う方法を紹介したい。

スポンサーリンク

用意するもの

  1. youtube動画:ジョギング風景に使えるもの
  2. スマホ:通常のスマホ機種
  3. 卓上のスマホスタンド:スマホ画面を3~4倍に拡大するスクリーン拡大ルーペが付いているもの
  4. 室内用マット:ヨガマットなど、足首を痛めないようにするもの

youtube動画

 

卓上のスマホスタンド 

さっそく上記と同じタイプのスマホスタンドを使ってみたが、スマホの画面が3倍くらいに見えて、大きさはちょうどよかった。

ただ、気になったのは、室内で蛍光灯を点けている場合、蛍光灯の光が反射する点があるところだが、スクリーン拡大ルーペの角度を調節することで緩和することができる。

以下は、カラーボックスの上に置いて、正面から見たところ。

横から見たところ。

室内用のヨガマット

室内ウォーキングで注意することは、やはり、足の甲を痛めないようにすること。それには、まず最初に、床の上に敷くヨガマットを用意しよう。

さらに、ウォーキングのフォームや着地の仕方も重要だ。
以前毎日10分間、室内ランニングをやって、足の甲を痛めてひどい目にあったことがあるので、今回は、それを防ぐため、正しいウォーキングのフォームや着地の方法を調べてから、再チャレンジ。

以下のポイントに注意してウォーキングすると、前回のように足の甲が痛くなることななくなった。

足の甲を痛めないようにするヒント

  • かかとから着地することで、身体への負担を軽くする
  • 足裏全体でまっすぐ踏みこむようなイメージで着地させる
膝が痛みやすい人必見! ランニングフォームで全てが変わる?
「練習したいけど、走ると膝が痛い」など、もっとたくさん走りたいけど、身体に負担が大きくて走れないと悩んでいる方も多いと思いのではないでしょうか。実は長く効率的に走るポイントとして、重要なのが**ランニングフォーム**です! ランニングフォームを変えることで、身体にかかる負担を減らすことができます。膝や腰を痛めている方...

コメント

error: 右クリックはできません。