「テレワーク東京ルール」実践企業宣言とは?

ニュース

2020年4月に非常事態宣言が発令されてから、今回は2回目の発令。

それに伴い、テレワークの推進要請の動きなど、やっとテレワークに本腰を入れてきたか、という印象。まだまだ、テレワークができる職種は多いとは言えない。それでも、テレワークできる企業は、テレワークした方がいいという声は多い。

そんな中、東京都が2020年12月7日から「テレワーク東京ルール」実践企業宣言開始し、企業からの申請を受け付けているとのこと。

今回は、「テレワーク東京ルール」実践企業宣言とは何か、またそのメリットについて紹介したい。

スポンサーリンク

「テレワーク東京ルール」実践企業宣言とは?

「テレワーク東京ルール」実践企業宣言制度とは、テレワーク戦略ビジョンを踏まえ、各企業が、その実情に応じて、テレワークデーやテレワークウィークの設定、育児・介護期間中のテレワーク勤務など、独自のルールを策定し宣言していただく制度です。宣言企業は「テレワーク東京ルール」実践企業宣言書を取得し掲出ができます。

引用元:東京都産業労働局

「テレワーク東京ルール」実践企業宣言のメリット

  1. 宣言書を印刷し提示ができる
  2. ウェブサイト上で自社PRが可能
  3. 融資利率の優遇や融資の特例メニューの利用
  4. テレワーク求職者、マッチングイベント参加

 

申請は、以下を参照。

「テレワーク東京ルール」実践企業宣言
「テレワーク東京ルール」実践企業宣言制度とは、テレワーク戦略ビジョンを踏まえ、各企業が、その実情に応じて、テレワークデーやテレワークウィークの設定、育児・介護期間中のテレワーク勤務など、独自のルールを策定する制度です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました