リモート実務検定とは?

テレワーク

テレワークが増えてきた昨今、今や、テレワークの知識が求められているのは間違いない。それは、リモートワークに関する労務管理の知識であったり、リモートワークを効率化する適切なツールの使い方や、情報通信システムの理解であったり、セキュリティ対策であったりと、と多岐にわたる。それを証明してくれる資格があれば、いろいろとプラスになるのではないか。

ということで、ネット検索してみると、何と、「リモート実務検定」というのがあった。実施期間は9/5~12月末日。まだ十分時間はある。第1回リモート実務検定3級」。全国のテストセンターで実施。これは、持っていて損はないなという印象。けっこう、アピールできると思う。

リモートワークに必要な知識を身に着けられる検定試験が誕生!
リモート実務検定協会のプレスリリース(2020年10月8日 13時)。リモート実務検定協会は、検定試験実施を2020年9月5日に開始し、新しい資格が誕生しました。 「リモート実務検定公式サイト: 」

公式ウェブサイトによると、メリットは、以下のとおり。

リモート実務検定のメリット

1. リモート実務能力を客観的に評価できる
2. 学生、社員のリモート実務知識の習得に利用できる
3. リモートワーク実施時において遵守する必要がある法令を学習できる
4. 合格者は履歴書やエントリーシートの資格欄や名刺に書くことができる
5. 就職、転職、昇格試験などでのアピールポイントにすることができる
6. 社員のリモート実務能力を客観的に計ることができ、配属先等の評価基準の一つとして利用できる

 

リモート実務検定の実施要項

実施要項は以下のとおり。

概要 内容
試験日程 第1回リモート実務検定3級 
2020年9月5日(土)~2020年12月末日の毎日開催
受付期間 2020年8月11日(火)~2020年12月末日 受付け中
受験料 7,000円
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による制限なし
受験方法 オンライン試験(全国のCBTテストセンターのパソコン)
試験時間(制限時間) 60分間
出題形式 全50問・4択式
合格基準点 リモート実務検定3級 35点以上で合格
45点以上でスペシャリストとして合格(50点満点中)
持ち物 本人確認のため公的身分証明書(顔写真付1点、無し2点)

試験内容はどんな感じだろう?

リモート実務検定の試験内容

第1章
リモートワークとは
リモートワークの種類
リモートワークに関する用語
リモートワークが生まれた背景
政府機関によるリモートワーク普及に向けた取組み
地方自治体によるリモートワーク普及に向けた取組み
新型コロナウイルス対策によるリモートワークへの影響
第2章
リモートワークを導入することのメリット
リモートワーク導入に必要な要素
リモートワークにおける適切な労務管理
– 労働基準法の適用に関する留意点
– 最低賃金法の適用に関する留意点
– 労働安全衛生法の適用に関する留意点
– 労働者災害補償保険法の適用に関する留意点
リモートワークにおける適切な執務環境
リモートワークにおける適切な情報通信システム
– ICT環境構築の方法
– リモートワークを効率化するツール
リモートワークにおけるセキュリティ対策
– 経営者が実施すべき対策
– システム管理者が実施すべき対策
– リモートワーク勤務者が実施すべき対策
リモートワークにおけるメンタルヘルス対策

引用元: 公式サイト

パッと見の印象では、それほどボリュームはないのと、第一章で基本的な用語や、リモートワークが増えてきた背景とか、政府機関、地方自治体による取り組みを理解しつつ、第二章で実務的な内容を把握しておけば、短期間で十分、7割の合格点はいくのではないか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました