【Google 検索の基本】検索結果から広告サイトを除外するには ? 「とは検索」の方法を紹介

Google 検索

Google 検索でキーワードを入力すると、一般のサイト以外に、広告サイトも検索結果として表示されるが、除外したいと思うことはないだろうか。

例えば、目的の情報を取得する際に、広告サイトが多数ヒットすると、辿り着くのに手間がかかる。ここで便利なのが「とは検索」。不要な広告を除外してくれる。

今回は、Google 検索結果から広告サイトを除外する方法を紹介したい。

スポンサーリンク

検索結果から広告サイトを除外する方法

 

Google 検索画面 (https://www.google.co.jp/) を開く。

Google

ワイン」を入力してから、「Enter」を押すと、以下のように、ワインに関する広告が表示されるため、ワインの情報を取得するのに手間がかかる。

次に、「ワインとは」と入力して、「Enter」を押すと、広告サイトが除外されて、ワインに関する情報の検索結果が表示された。

 

※この「とは検索」は、キーワードの意味や内容を確認できるサイトがヒットするとともに、広告サイトも除外されるので、情報収集の基本として活用することができる。

コメント

error: 右クリックはできません。