【Excel 関数の基本】一発で合計を算出してくれる SUM関数の使い方は?

Excel 関数

Excel では、いろいろな関数や計算式を使うことができるが、その中でよく使われるのが、SUM関数ではないだろうか。一発で、列や行の数値の合計を算出してくれる。

今回は、SUM関数の形式とその使い方を紹介したい。

スポンサーリンク

SUM関数の形式

SUM関数の形式は、以下のとおり。

=」のあとに、大文字 (または小文字でも OK) の「SUM」と入力し、丸括弧内に、該当するセルの範囲を入力する。

※「=SUM()」および丸括弧「()」内は、すべて半角にし、その間にスペースは入れないことに注意。

=SUM(セルの範囲)

 

スポンサーリンク

SUM関数の使い方

SUM関数を使うには、Excel のリボンに、「オートSUM」機能の「」(シグマ) アイコンがあるので、それをクリックする方法と、セルに直接 SUM関数を入力する、2通りの方法がある。

オートSUM 機能を使う場合

任意の Excel  ファイルを開いて、合計を算出したいセル (ここでは、セル「B2」 から「B9」) と合計金額を表示させたいセル (ここでは、セル「B10」) を、カーソルで選択する。

 

この状態のまま、リボン右側にあるオートSUM 機能の「」(シグマ) アイコンをクリックする。

 

一瞬にして、合計が表示された。

 

数式バーを見ると、自動で、「=SUM(B2:B9)」が入力されている。

 

セルに直接、SUM関数を入力する場合

セルに直接入力する場合は、合計を表示させるセル (ここでは、セル「B10」) に、「=SUM」または「=sum」と入力する。

 

次に、丸括弧の開始記号 (() を入力する。

 

この状態のまま、カーソルで、セル「B2」から「B9」をドラッグして選択すると、「=SUM(」のあとに、「B2:B9」が自動入力される。

 

入力文字「B9」のあとに続けて、丸括弧の終了記号 ()) を入力し、「Enter」キーを押す。

 

合計が算出された。

 



コメント

error: