【Microsoft Teams の基本】自分専用のチャット機能が追加された!これは便利!

Teams

Teams の新しい機能として、自分専用のチャット機能が追加されたようだ。

自分専用なので、いろいろなシーンで活用できそう。

特に、チャットメッセージで誤って送信してしまうことがあるので、その下書き用に使えるし、よく使うファイルを保存することもできる

今回は、Teams の自分専用のチャット機能について紹介したい。

スポンサーリンク

自分専用のチャット機能とは?

Teams を立ち上げると、以下のように、チャットに「固定」された「自分のユーザー名(あなた)」が表示されており、右側のスペースには、「これはあなたのスペースです」が表示されている。

 

スポンサーリンク

自分専用のチャット機能の使い方は?

備忘録または重要なメッセージの下書きに使う

例えば、以下のようなメッセージを登録しておくと、定形のテンプレートとしても活用できる。

よく使うファイルを保存しておく

ファイルを PC ローカルの特定フォルダに置くと、どのフォルダーに置いたか、忘れる場合もあるので、よく使うファイルは、Teams の自分専用のチャットに保存しておくのも、作業の効率アップにつながるかと思う。

以下のように、任意フォルダーのファイルをそのまま Teams チャットのボックスにドラッグすると、保存することができる。

 

 

または、「ファイル」タブに切り替えてから、任意のファイルをドラッグしてもOK。

 

スポンサーリンク

別ウィンドウで表示させるには?

チャットのスペースにある右上のアイコンをクリックする。

 

別ウィンドウが追加された。

 

スポンサーリンク

固定設定を外すには?

チャットリストの一番上に固定された、自分のユーザー名の右側にある三点リーダー () をクリックしてから、「固定表示を解除」を選択する。

 

自分のユーザー名が一番下に移動した。

 

 

コメント

error: 右クリックはできません。