【Google 検索の基本】古くて表示されないページをキャッシュで見る方法

Google 検索

不動産の賃貸情報などを確認するために、Google 検索をしていて、検索結果を見ると、すでに契約が決まったために、「ページを表示できません」などが表示されるが、再度、物件情報や部屋の画を見てみたいと思うことはないだろうか。

その場合、キャッシュページを見ることができるので、試してみることをお勧めする。

スポンサーリンク

キャッシュページを見る方法

たとえば、ある賃貸物件の検索をすると、以下のように表示される。

 

そのまま、赤枠のタイトルをクリックすると、以下にように「エラー404」表示され、ページを見ることができない。

検索結果に戻って、「検索結果一覧」の横のドロップダウンにカーソルを合わせると、「キャッシュ」が表示されるので、クリックする。

これは Google に保存されている〇〇のキャッシュです。」の文字が表示されており、ページを下にスクロールすると、物件情報や部屋の画像を見ることができる。

コメント

error: 右クリックはできません。