【Word 2016 の基本】 Word 文書の表示サイズを、素早くズームイン (拡大表示)、ズームアウト (縮小表示) するには?

Word

Word 文書を開いたときに表示サイズが小さくて見えづらかったり、大きすぎる場合、素早くズームイン (拡大表示) ズームアウト (縮小表示) したいと思うことはないだろうか。

Word のズーム機能の使い方は、通常、右下のバーのつまみを左右にドラッグするか、「+」を1回クリックすると10%拡大され、「-」を1回クリックすると10%縮小する。

ただし、これは、今回お伝えする方法と比べると、少し手間がかかるので、面倒だ。

もっと簡単に表示を拡大または縮小させるには、Ctrl」キーを抑えたまま、マウスのホイールを上に回したり、下に回すことで、ズームイン、ズームアウトが素早くできる。

今回は、Word 文書の表示サイズを素早くズームイン、ズームアウトする方法を紹介したい。

スポンサーリンク

Word 文書の表示サイズを素早くズームイン (拡大表示)、ズームアウト(縮小表示) する方法

任意の Word 文書を開く。右下のズームは、100%表示になっており、表示サイズが小さく見ずらいので、Ctrl」キーを押さえたまま、マウスホイールを上に回すことで、ズームイン (拡大表示) することができる。

 

ズームが120%になり、文書全体が大きくなり見やすくなった。

この120%のズームを、逆にズームアウト (縮小表示) させるには (たとえば、100%)、「Ctrl」キーを押さえたまま、マウスホイールを下に回す。

 
ズームが100%に戻った。
 

 

※このCtrl」を押さえたまま、マウスホイールを上下に回してズームを調整する方法は、ウェブページでも応用が可能。

つまり、この機能は、どのアプリでも、右横に「スクロールバー」が表示されていれば使えるので、オススメ。

コメント

error: 右クリックはできません。