【Outlook 2016 設定】Outlook で誤送信を防ぐために、すぐに送信しない方法

Outlook を使っていると、新規のメール作成が終わったら、何気にそのまま送信ボタンを押してしまって、あとで、アドレスが間違っていたりすることがある。

つまり「誤送信」だ。うっかりミスの類で、急いでいたりすると、よく起こりがちだ。

身近な間柄でのやりとりであれば、それほど影響がないのかもしれないが、 取引先とのやりとりで誤送信をしてしまうと、謝罪の必要性も出てくるし、信用問題にかかわる。

そこで、メールの誤送信を防ぐための Outlook の設定をご紹介したい。

 

Outlook2016の設定方法

 

メニューの「ファイル」を選択してから、「オプション」をクリックする。

 

 

Outlook のオプション画面で、「詳細設定」を選択する。

 

送受信」の項目で、「接続したら直ちに送信する」のチェックを外してから、OKを押す。

 

これによって、メール作成後、送信ボタンを押しても、以下のように、「送信トレイ」に残るため、ワンクッション置くことで、誤送信を防ぐことができる。あとは、問題がなければ、「送受信」メニューで「すべて送信」をクリックすると、送信される。

 



コメント

error: 右クリックはできません。