「Windows 11」のシステム要件と、「Windows 10」からアップグレードした場合に変更される機能を紹介 !

Windows 11

6月24日に 、Windows 11 の正式リリースが Microsoft からアナウンスされた。正式リリースの時期は、2021年後半とのこと。

Windows 10 のあとは、後継バージョンはない、と聞いていたのに、やっぱりか、と思うユーザーもいるのではないか。

一番の懸念事項は、Windows 10 から Windows 11にアップグレードした場合、何がどう変わるかという点ではないだろうか。

Windows 10 と同様に、Windows 11 への無償アップグレードが可能となるようだが、Windows 11 が求めるシステムの最小要件があるので、要注意。

そこで、今回は、Windows 11 が求めるシステムの最小要件と、Windows 10 から Windows 11 にアップグレードした場合の変更点を紹介したい。

スポンサーリンク

Windows 11 におけるシステムの最小要件

プロセッサ 1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
RAM 4GB
ストレージ 64 GB 以上の記憶装置
システムファームウェア UEFI、セキュア ブート対応
TPM トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
グラフィックスカード DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
ディスプレイ 対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ

引用元:マイクロソフト公式ページ

ちなみに、互換性チェックは、以下のページから可能。

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft
新しく登場する Windows 11 の概要と、リリースまでに準備する方法をご覧ください。新機能について知り、互換性をチェックして、最新の Windows OS へのアップグレード方法をご確認ください。

 

スポンサーリンク

Windows 10 から Windows 11 へアップグレードした場合の変更点

機能 Windows 10 Windows 11
Contana 初回のシステム起動時に起動されない
デスクトップ壁紙 Microsoft アカウントでサインインした場合、デバイス間の移動できない
Internet Explorer IEモードを使用した Edgeで使用可能
数式入力パネル 削除
ニュースと関心 タスクバーのウィジェットアイコンをクリックすると使える機能が追加
ロック画面の簡易ステータス 削除
S モード Windows 11 Home Edition のみで利用可能
Snipping Tool Windows 10 での旧デザインと機能は、切り取り & スケッチと呼ばれていたアプリのデザインと機能に置き換え
スタート メニュー

・名前付きグループやアプリのフォルダーには対応しなくなり、レイアウトは現状ではサイズ変更できない

・Windows 10 からアップグレードしたときピン留めしてあったアプリとサイトは移行されない

・ライブ タイルは使用できない

タブレット モード 削除
タスクバー

・People は削除

・アップグレード前にカスタマイズしたアイコンを含む一部のアイコンは、アップグレードしたデバイスのシステムトレイに表示されない

アプリ

タスクバー エリアをカスタマイズできない

タイムライン

Microsoft Edge で一部の同様の機能を利用可能

Wallet

削除

3Dビューアー

アップグレードで削除はされないが、新しいデバイスや Windows 11 のクリーンインストールではインストールされない。

Microsoft Store からダウンロード可能

Windows 10 向けの OneNote

同上

ペイント 3D

同上

Skype

同上

引用元:マイクロソフト公式ページ

コメント

error: 右クリックはできません。