【Microsoft Teams の基本】Teams のステータスを、特定の時間帯だけ「応答不可」に設定するには?

ツール

Teamsを使っていて、必要な作業に集中するために、特定の時間帯、たとえば、1時間とか2時間、応答不可にしたいと思うことはないだろうか。

作業中に、チャットで問い合わせが来ると、集中が途切れてしまう。そのたびに、「すみません、今、手が離せないので」と返すのも面倒だし、返信が遅れると、相手への印象もよくない。

そんなこんなで、今回は、Teamsで、特定の時間帯を応答不可にする方法を紹介したい。

 

スポンサーリンク

Teamsで応答不可にする設定方法

Teams の画面で、右上のプロフィールアイコンをクリックする。

 

在席状況の「連絡可能」をクリックする。

 

期間」を選択する。

 

ステータスの「連絡可能」をクリックする。

ドロップダウンでステータス一覧が表示されるので、「応答不可」を選択する。

応答不可」の下の「今日」をクリックすると、期間の一覧が表示されるので、たとえば、ここでは、「2時間」を選択する。

完了」ボタンを押す。

※ この「応答不可」ステータスは、Microsoft の公式ページ「Teams でのユーザーのプレゼンス」によると、以下の状態となることに注意。

  1. ユーザーは引き続きチャットメッセージが受信されるが、バナー通知は表示されない。
  2. 着信呼び出しがボイスメールに配信される。
  3. ユーザーが自分自身を「応答不可」と設定した場合、会議に出席したり電話に応答したりしても、その存在は「応答不可」のままになる。

 

Teams でのユーザーのプレゼンス - Microsoft Teams
チームのプレゼンス状態とプレゼンス機能の管理設定について学習します。
スポンサーリンク

応答不可の設定で、一部のユーザーのみ応答を許可する方法

設定が完了すると、以下のように、メッセージ「ステータスが応答不可に設定されています。緊急メッセージと優先度の高い連絡先からの通知のみ表示されます」が表示されるので、一部のユーザーのみ通知を許可する場合は、「設定を変更します」をクリックする。

 

優先アクセスを管理」をクリックする。

 

ユーザー名を検索する。

該当する文字を入力すると、ユーザーが表示されるので、選択する。

 

ユーザーが追加される。これによって、このユーザーからのチャット、通話、@メンションの通知が可能となる。

 

コメント

error: 右クリックはできません。