【Excel 2016】エクセルで自動保存したファイルを復元する方法は?

Excel
スポンサーリンク

エクセルファイルの操作中に異常終了したため、該当ファイルが見当たらず、作業していたファイルを復元したいと思うことはないだろうか。

自動保存を設定している場合は、保存場所のフォルダーから作業ファイルを復元することができる。

今回は、自動保存したエクセルファイルを復元する方法を紹介したい。

スポンサーリンク

自動保存したエクセルファイルを復元する方法

開いている Excel ファイルの「ファイル」タブを選択する。

 

情報」を選択する。

 

ブックの管理」をクリックする。

 

ドロップダウンで表示される項目から、「保存されていないブックの回復」を選択する。

 

ファイル一覧から、更新日時とファイル名を確認し、該当するファイル (ここでは、例として「Book1((Unsaved-」) を選択してから、「開く」をクリックする。

自動保存のァイルが保存されているフォルダーパス:「C:\Users\ユーザー\AppData\Roaming\Microsoft\Excel

 

ファイルを開いたあとは、「名前を付けて保存」をクリックし、保存する。

 

スポンサーリンク
Excel
スポンサーリンク
teleyanをフォローする
ザイタクの心得

コメント