【WordPress】新規作成していた記事が消えた?復元できる「リビジョン」機能の紹介!

トラブルシューティング
スポンサーリンク

WordPress で記事を作成しているときに、何かのタイミングで、一旦閉じて開くと、いつの間にか、記事がが消えていることはないだろうか?

そういうときに便利なのが WordPress のリビジョン機能。修正するたびに、リビジョンとして記録されるので、更新前の記事を表示させることができる。

今回は、 WordPress のリビジョン機能の使い方を紹介したい。

スポンサーリンク

WordPress のリビジョン機能の使い方

作成途中の記事を開いてみると、文章が消えているので、右側の「リビジョン 2」横にある表示」をクリックする。

 

リビジョン比較が表示され、右側の「追加」欄には現在の更新内容、左側の「削除」欄には前回の内容がハイライト表示される。現在の更新内容には、何もテキストが入っていないことが分かる。

前回の記事を表示させるには、つまみを左にスライドする。

 

右側の「追加」欄に、前回の文章 (ここでは、「これはテストです。」) が表示された。これを復元させるには、ここで、「このリビジョンを復元」ボタンを押す。

 

前回の文章が復元された。

 

 

コメント

error: